■ 日々の積み重ねで治療できることも

基本的に勃起不全というのは1度発症すると永久に付き合っていかなければならない病気で、改善するにはバイアグラやシアリスといったED治療薬が必要不可欠です。

初期症状であれば精力サプリメントを併用することで改善することも可能です。

日々の積み重ねによって血流などの改善が行われると、場合によっては勃起不全が解消できることもあります。

ストレス性の勃起不全の場合、ストレスなどの心理面を改善することで勃起不全が治ることもあります。

医師のカウンセリングをしっかりと受けることによって、もしかしたら再び勃起する可能性というのはあるので諦めないでください。

そして薬やサプリメントをしっかりと利用し、ゆっくりと改善していくことが必要でしょう。

■ 心臓病の方のED治療薬使用方法について

バイアグラなどのED治療薬は元々の成り立ちが心臓病の人の治療薬として心臓病患者に投薬をしていた時に、心臓病の人が抱えていた勃起障害が治ってしまった事で生まれた偶然の産物の薬です。

ですので通常の使用方法では何ら心臓に問題がある筈も無いバイアグラなどのED治療薬ですが、心臓病をお持ちの方はバイアグラなどのED治療薬の使用自体は問題無くとも、性行為が心臓に多大な負担をかける可能性が大いにありますので、まずは心臓病をお持ちの方はかかりつけの医師に性行為を行っても大丈夫かどうかを確認してからバイアグラなどのED治療薬を使用される事がED治療薬を使用する前の大前提となります。

硝酸剤やニトログリセリンなどの心臓病の薬を使用している方はバイアグラなどのED治療薬の使用は厳禁です。

■ 主人お気に入りの抗生剤・バナン

私は風邪をひいたぐらいでは、お薬はあまり飲まないのですが、主人はちょっと風邪気味になると、すぐ会社の近くの内科でバナンという抗生剤を処方してもらうようです。 どうも、これを飲むとすぐ治ったことが何度かあるようで、完全なるバナン信者です。

バナンは感染症の治療に用いられるお薬で、喉や気管支の炎症に効果があるようですね。 主人は風邪をひくと、そちらの方に症状が出ることが多いので、体質的に合うのかも知れません。

幸い風邪などの軽い病気でお世話になることの多いバナンですが、主人、内科医に対して、薬を指定するのはいかがなものでしょう。

あながち的外れなお薬ではないので、先生も出してくれてるのでしょうが、呆れた患者だと思っていないといいのですが。

ページのトップへ戻る