■ 勃起不全の原因と治療薬

勃起不全の原因は器質性と心因性に分けられます。

器質性というのは肥満などが原因で勃起するのに必要な十分な血液が回らないことを言い、心因性は過去のトラウマやストレスが原因で勃起しなかったり、勃起しても途中で折れてしまったりすることです。

治療方法としては男性専門の泌尿器科を受診し治療薬を服用することです。

インターネットでも勃起不全の治療薬を購入することができますが、おすすめは『カマグラゴールド』です。

カマグラゴールドはEDの治療薬で男性性器の海綿体平滑筋の緊張を緩めて血流を良くし勃起するように導いてくれる薬です。

カマグラゴールドはジェネリック医薬品で、性交渉の1時間くらい前に飲むと4〜5時間の持続効果があります。

勃起不全は1時的な病気なのできちんと治療すれば治る病気です。

バイアグラもそれらに大きく関わります。

■ 安くなったED治療薬

性行為をする時に勃起不全になった場合に使用するのがED治療薬ですが、検診費用や処方薬などでかなりの費用が掛かってしまう事があります。

それを少しでも費用を抑えるのに利用した方が良いのがジェネリック医薬品です。

ED治療薬の一つのバイアグラは最近特許が切れた事によって、ジェネリック医薬品での販売もされているので、従来よりも安く購入する事ができます。

これによりこれまで1錠1000円を超えていたので、性行為をする為には経済的負担が大きい事があったのです。

しかしそれがジェネリック医薬品によって1錠の価格も数百円で購入する事が出来るようになったので、性行為の前に必ず使用しなければならない際にも、気軽に手に入れられるようになりました。

■ 抗生物質の中途半端な服用はやめましょう

抗生物質とはカビなどの微生物によって作られる化学物質で感染症の原因となる微生物に対して作用し、その発育を阻止したり死滅させたりする効果のある物質のことです。

小さいお子さんが風邪で病院に行くと抗生物質を処方されることが多いですね。

抗生物質と一言で言っても多くの種類があります。

ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系などが代表的なものになります。

抗生物質を処方されて飲み始めたら処方された分はきちんと飲みきるようにしましょう。

症状が良くなったなどから途中でやめてしまうと体内に残った病原菌が、その抗生物質に対して耐性をつけてし舞うためです。

例をあげるとMRSAや耐性結核菌がよく知られていますね。

ですから抗生物質はきちんと最後まで飲みきり、病原菌をやっつけましょう。

ページのトップへ戻る